RULES

規則・注意事項

競技規則

  • 本大会は (公財) 日本自転車競技連盟の規則に準じ、本大会の特別規則によって実施します。
  • 競技規則および競技運営・管理上の規定を厳守してください。
  • 競技参加者は競技役員の指示に従ってください。
  • 車検は行いませんので、各自責任を持って常に完全に整備された自転車を用いて参加することを義務付けます。
  • 全ての参加者は、主催者から用意されたゼッケンおよび計測タグを指定の位置に取り付けることを義務付けます。
  • 競技は、計測タグ使用による自動計測システムにて実施します。もし計測タグを装着せずに競技に参加した場合、成績が表示されません。
    また、計測タグを2つ以上装着して走行することを禁止します。
  • 各カテゴリーで決められたスタート時間に、所定の位置に各自集合してください。
  • スタートはバイクの先導により誘導します。バイクからの合図でスタートする「ローリングスタート」で競技を開始します。種目により変更する場合がございますので、ライダーズミーティングにてご確認ください。
  • 競技中、参加者は他の参加者を追い抜く場合、原則的に右側から追い抜くものとします。
  • コース走行中、自分の走行ラインを斜めに変更する場合、必ず変更する側の後方確認を行い安全であるか確認することを義務付けます。
  • 競技中および試走時間中にコースを逆走することは安全管理上一切禁止します。
  • コース内での第三者からの補給は禁止します。必ずコース外で停止した状態で補給を行ってください。
  • 競技中、審判委員および医務員から競技の中止を指示された場合、選手は競技を中止し速やかにコースアウトしてください。その他、割り込みや斜行などの走路妨害、他の競技者を押すなどの危険な行為をした者はコース上から除外します。
  • その他、カテゴリーごとの「大会特別規則」を設ける場合がある。

車両規定・装備

  • 参加者が使用できる自転車は、ロードレーサーに準じたものとし、人力のみで駆動するフリー式で前後ブレーキは完全なものとします。種目によりクロスバイク、マウンテンバイクで出場することを認めます。
  • 以下のハンドル、ホイール、スタンドは使用できません。
    DHバー、ブルホーンバー、デルタバー、クリップオンバー、スピナッチバー、エンドバー、アタッチメント方式で取り付ける補助バー、ディスクホイール・バトンホイール・スピナジー、一本足スタンド
    また、アンダーを除く競技ではランプ・ダイナモ、バックミラー、カゴ、スタンド、泥除け、荷台、錠など競技に不要で危険を及ぼす可能性のある部品は取外すこと。
  • 試走中を含めコースを走行する際は、硬質外殻ヘルメット (JCF公認推奨) の着用を義務付けます。ヘルメットのアゴひもはしっかりと締めた状態で着用してください。TTヘルメットの使用は認められません。
    また、安全のため手袋・ソックス・サングラスも必要に応じて着用してください。
  • 走行中の携帯電話・無線機・トランシーバーの使用、携帯プレーヤー等で音楽を聴きながらの走行は禁止です。
    また、ビデオ・カメラなどを走行中に操作すること、これらを体やヘルメットに 装着することを禁止します。
  • 競技者は、ボトル、スペアタイヤ、修理用具等を携帯できますが、ガラス容器その他危険物を携帯してはいけません。なお、携帯したものをコース上およびその周辺に破棄する事を禁止します。
  • ジュニアギヤ比規制について18歳以下の選手はクランク一回転で進む距離が7.93m、17歳未満は7.01m、15歳未満は6.10m、13歳未満は5.66m以下のギヤ比を使うことをお勧めします。
  • その他、カテゴリーごとの「大会特別規則」を設ける場合がある。

注意事項

会場での注意

  • 原則、大会開催日以外はコースを使用できません。無断で使用すると罰せられる場合がありますのでご注意ください。
  • 大会開催中、参加者自身の自転車及び貴重品等は、各自の責任において管理してください。盗難等が発生した場合、主催者はその責任を一切負いません。
  • 試走は参加者以外禁止となっております。ゼッケンなしでの試走は可能ですが必ずヘルメットを着用してください。
  • 飲酒による出走を禁止します。
  • コース外では交通ルール・マナーに従い、周囲の迷惑にならないようにすること。
  • レース・試走中のコース横断は、設定される横断箇所のみとしスタッフに確認の上、接触に十分注意し行うこと。
  • 会場内で発生したごみは必ず持ち帰ってください。

その他注意

  • 参加者の個人情報は、大会の募集やご案内など、大会開催目的にのみ使用致します。公式カメラマンが撮影した選手や観戦者の写真を、参加者募集活動のために主催者及びその関係団体が使用することを承諾したこととします。
  • 営利目的での撮影、盗撮はもちろん、アスリートの写真・動画を使用した性的目的のSNS投稿やWEB掲載を禁止します。
  • SNS等で本人の名誉を傷つける書き込みを禁止します。

ご来場に際して

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
    本大会開催にあたり、会場に来られる皆様の「新型コロナウイルスの感染症拡大防止策」への協力が必要となりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。
新型コロナウイルス感染症拡大防止策ガイドライン
  • 参加前チェックリスト
    持ち物や自転車の整備、レースマナーなどについてを紹介しています。初参加の方はぜひご一読ください。
参加前チェックリスト

ゼッケンについて

  • ゼッケンの取り付け位置にご注意ください。
  • ゼッケンが外れたまま競技を続行することはできません。ゼッケンがはがれて審判員が認識できない状態でフィニッシュした場合には順位が付きません。出場する種目がすべて終了するまではどちらも外さない、剥がれないようにご注意ください。

ゼッケンの取り付け方法

ゼッケンの取り付け
ゼッケンは、同封の安全ピンでジャージ上着の背中右側の腰位置に取り付けていただきます。
このとき 脇腹のラインにゼッケンの下部が沿うような位置 (ゼッケンのナンバーが右側面と背面から見えるような位置) に取り付けてください。
ゼッケンの取り付け
図のように、安全ピンで各二ヶ所ずつ通ししっかりと固定すること。
  • ゼッケンは折り曲げてはいけません。
  • テープ・両面テープのみの取り付けは禁止します。必ず安全ピンでしっかりと取り付けてください。剥がれた場合は競技を続行することができません。

計測タグについて

計測タグの取り付け方法

計測タグの取り付け
ソロ競技種目参加者には、計測タグを「フロントホーク」に取り付けていただきます。左右どちらでも可。
計測タグに貼られているお名前を確認してから、図のの位置に、同封のタイラップで固定して取り付けてください。計測タグの取り付け及び取り外しの際は、フロントホークにキズが付かないようご注意ください。
計測タグの取り付け
タグ裏面にあるゲタ状台座の穴に写真のようにタイラップを通します。
計測タグの取り付け
フロントホークに装着し、タイラップの細い先端を穴に通して強く引きます。
計測タグの取り付け
しっかり固定するまでタイラップを引き、ずれたり動いたりしないか確認します。
計測タグの取り付け
固定したら余分なタイラップをニッパーなどで切り取ってください。

速報・リザルト

速報・ラップ一覧・WEB記録証

  • マトリックスが運営する「LAPCLIP」では、スマホやタブレット・携帯電話から各大会のリアルタイムのレース速報とラップ一覧を無料でご覧いただけます。
  • 大会ページは開催日数日前より表示されます。
  • 速報データのため、順位・タイムは後から修正になる可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • 当日の最終のリザルトは下記「公式リザルト」をご覧ください。
  • 60分・90分エンデューロとアンダー12・9・6につきましては「WEB記録証」を発行いただけます。ぜひご活用ください。
ラップクリップ

リザルト

  • 会場ではリザルトの貼り出しは行いません。各レース終了後に「公式リザルト」ページにて随時掲載致します。

保険について

スポーツ傷害保険

  • 参加者全員を対象に傷害保険 (通院日数×2,400円、入院日数×3,500円、死亡後遺症障害300万円) に加入しています。この補償内容で不十分な方は、各自で別途加入してください。
  • 保険が必要な方は下記内容をご確認の上、保険代理店までメールをお送りください。
    怪我をされた日時、お名前 (ふりがな)、生年月日、郵便番号・住所、日中連絡のできる携帯電話番号等、お怪我をされた体の部位・症状、参加大会・参加種目・ゼッケンNo.
  • 低体温症・靴ズレ・腰痛等突発性のないものは保険金支払いの対象外です。
  • 平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障がない程度に傷害が治った時、以降の通院に対しては、通院保険金は支払われません。
  • お送り頂いたメールへの返信は致しません。メール送信後三週間しても保険金請求書類が郵送されない場合は、お手数ですがご連絡ください。
代理店
株式会社 保険コンシェルジュ